読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七転八転

よしなしごとを。

ウェアラブル的に一年を振り返る(その1)

いつものまえがき

この記事はぴょこりんクラスタ:Re Advent Calendar 2016 - Adventarのために書かれました。

サマリ
  • fitbitHRに貯めこまれたデータから、記憶を蘇らせたかった。
  • 睡眠時間の推移からつらみを蘇らせたかった。
  • が、休日出勤により私のライフと作業時間が0に漸近して撃沈した。
やったこと
  • fitbitHRのデータは、

https://dev.fitbit.com/jpにある、fitbit APIから取ってくる。
登録して、ConsumerIDとKeyを取得。

github.com
をcloneして、python build,install, requirementpackageのインストール

  • めんどくさいので、もろもろをソースに埋め込み(だめです・・・)実行。認証も通り、データコレクションが取れた!!
  • とりあえず、sleepをみてみると、summaryってところに、一日睡眠時間が入っていそう
  • よし
authd_client = fitbit.Fitbit(CLIENT_ID,CLIENT_SECRET,access_token=ACCESS_TOKEN,refresh_token=REFRESH_TOKEN)
print authd_client.sleep()['summary']
{u'totalTimeInBed': 379, u'totalMinutesAsleep': 348, u'totalSleepRecords': 1}
  • これ、今日の睡眠時間しかないな・・・(←イマココ)意外と寝れたな…ってちがう。
まとめ

APIとデータ構造を調査する時間がほしかった。
そもそも1ヶ月とかさかのぼれるのかしらん。